まめや金澤萬久

かりっとぽりっと
食感がくせになる。
紅白のチョコレートを
まとった洋風炒り豆。

CRUNCHY CHOCO-MAME [WHITE & STRAWBERRY]

国産の有機栽培された大豆を炒り豆にし、そこに色々な味のチョコレートをコーティングした「かりっとちょこ豆」。
ホワイトチョコレートと苺チョコレートで包んだ「ホワイト&いちご」のご紹介です。

大野醤油を使って甘じょっぱく仕上げた炒り豆を、ホワイトチョコレートでコーティング。

萬久の主役でもある炒り豆。涼しい季節はチョコレートに包まれて登場します。カリッとした食感とチョコレートの口どけの良さに加えて、それぞれにひとひねり、繊細な味わいを楽しめるのが大きな特徴です。
コーティングするチョコレートの種類に合わせて、それぞれの個性を光らせる下味をつけています。

「ホワイト」は、大野醤油を使ってふくよかさをプラスした炒り豆を、ミルク感のあるホワイトチョコレートで包みました。

苺チョコレートに合わせた炒り豆は、能登塩を使ったしおみつ風味に。

「いちご」は、能登塩を使用して“あまじょっぱく”仕上げた炒り豆を、優しい香りのいちごチョコで包みました。

薄く上掛けされたチョコレートの層の下は、繊細な味付けの炒り豆、そしてその素材の良さがひかる豆の旨味と、心地よいかりっと心地よい食感。
口の中でそれぞれのパーツが放つ個性と同時に心地よく感じる全体の調和。計算された「技あり!」な美味しさをお楽しみいただけます。

こちらは「ホワイト」と「いちご」の二味を、手描きの豆箱につめてご用意しております。
季節の絵柄をお選びいただき、お土産やご贈答にもぴったりです。

手描きの豆箱にお詰めして。

豆菓子のパッケージとなる独特な豆型の紙器。私たちはこれを「豆箱」と呼んでいます。
当初はただの白い紙の器でしたが、そこに石川県が誇る九谷焼の絵付作家さんが筆を入れると、活き活きとした美術品とも呼べるパッケージへと変貌を遂げました。
この豆箱、一枚を書いてもらって印刷しているわけではありません。ひとつひとつ、全てに九谷焼の技術を使って手描きで描いてくださっています。
同じ絵柄でも、一枚一枚の表情が少しずつ違っている味わいが、この世にふたつとない特別な品として喜ばれています。

かりっとちょこ豆[ホワイト&いちご]

豆箱入り 1箱 972円(税込)
販売期間:~5月19日まで(オンラインショップは~5月15日15時まで)
販売店:直営店5店舗、オンラインショップ

※販売開始・終了のタイミングは店舗によって異なります。在庫状況は各店舗までお問い合わせくださいませ。

品書き

ITEM CATEGORY